スポンサーサイト

  • 2012.12.07 Friday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています



応援お願いします!
にほんブログ村 その他日記ブログ 雑感へ
にほんブログ村 恋愛ブログ 年下との恋愛へ
にほんブログ村 小説ブログ ノンジャンル小説へ

0

    鈍麻

    結局変な時間に寝起きしているせいで、体内時計は狂ったままだし、体重も基準にしてる40ないし。

    夜中にアプデでうさひろとの通話が切れたのでぼんやりと明け方を迎えました。
    後輩が心配して話しかけてきてくれて助かった……。
    お風呂に入れないわたしのためにバスグッズをプレゼントしてくれるそうだよ……良い後輩を持った!

    で、朝の日課であるビデオ通話での行ってらっしゃいは肝心な所で眠気に負けて果たせなかったわけで。
    7時半やそこらから15時近くまでうとうととして、妙な夢も見て目覚めは最悪でした。おまけに寒い。

    夢診断みたいなの、参考程度にネットでやってみたら、対人関係を大切にしたいと願っている、みたいなことが書いてありました。
    他のだと、恋人とロマンティックな展開を望んでいる、関係に不安を感じている、苦痛(夢の中で対象がはっきりしていたので)を排除することを諦める覚悟ができている、など。

    風邪で動けないママの代わりにパパにクリニックまで送ってもらって診察まで待ち。
    うさひろにお疲れ様メール送ったら、今日はでぃーちゃんお休みでお出掛けなのにわざわざ電話くれて声を聞かせてくれて診察ぼっちだと言ったら励ましてくれました。優しい。

    このところ体調が悪かったのは、6月だからでした。
    わたしは薄情で、亡くした人の命日さえ忘れてしまっていたけれど、劇的に調子が悪くなったのはやはりどこかで覚えていたからなのかなあ……。
    診察で医師に言われるまで思い出せなくて、心当たりがないとまで言っていたのに。
    愛していた人を亡くして、人が亡くなるということの絶望的なまでの影響力を知っていたはずなのに、自分は希死念慮が一行に消えなくて、強まるばかりの苦痛から逃げたくて。
    毎日、実家にいながら家族とさえ顔を合わせたり話をすることもない生活で、部屋にこもってベッドでぐったりしているだけで、そんなんで誰かに必要とされているだとか愛されているだとか大切に思われているだとかそんな実感申し訳ないけど持てるはずもなくて。
    一番大切にしたいそれだけがどうしても手に入らないから、辛い、苦しいと感じることをやめて、引き換えに嬉しい、楽しいと感じることもやめて、閉鎖的になることで、鈍麻させることで苦痛から逃れようとして。

    正直今は嬉しいも楽しいも辛いも苦しいもその場限りで、後から自分がどう感じていたかを思い出せません。
    だから認知療法もできないままです。何を感じていたのかわからないから。

    もう7年ほど経つけれど、まだ痛い。
    でもわたしがもし死んだとして、果たしてわたしのようになる人がいるなんて到底思えないでいます。
    大切にされていると、愛されているという実感が、口でいうほどないから。
    もっと言えばわたしは嘘さえついているのかもしれない。
    誰にも心配されてないし、愛されてないし、必要とされてないし、それどころか存在さえ忘れられている、いない人間と同じなのだと多分どこかで思っているのだろうなと思います。
    特別扱いされて、異常なまでに執拗に、鬱陶しいと思うくらいに実際に触れられる距離で愛していることを示してもらえてそれを実感できないとだめなのだろうな。究極の我儘。
    死にたいと思うのも、必要とされている実感が希薄すぎるからで、わたしがいなくても、そこまで悲しむ人もいないだろうと思えてしまうからなのでしょう。

    でも多分前と違うのは、それだけ実際の存在に愛情を持っているということ。
    ネット上や電話やメールや、そういう手段で繋がる関係に執着しているのではなく、触れられて抱きしめられる、意思の疎通のできる存在に執着し、愛情を抱いているということ。
    それは大きな違いだと思うのだけれども。

    取り敢えず、具合の悪い理由もわかったし、時間が解決するとはいえ、これだけ経ってもなお心を蝕む消えない傷痕になったトラウマは払えないものと受け入れるしかないのだと思うし、それがわかっただけでもまだ収穫だと思いたいです。
    少しずつ夏が近づけば、この季節から遠ざかれば、取り敢えず次までは持ちこたえるしかないのだし。

    まあ、正直もう毎年こうだと生きてるの面倒臭い。辛いとか苦しいとかそういう思いもうしたくない、って、リセットしてやり直せる人生なら頑張れただろうけど生憎そうじゃない。
    さっさと死ねよと思う人はそう思ってくださって構わないです。人には人の意見があるし。でもそれをわたしに見える所で言葉にするのはやめてくださいね。



    応援お願いします!
    にほんブログ村 その他日記ブログ 雑感へ
    にほんブログ村 恋愛ブログ 年下との恋愛へ
    にほんブログ村 小説ブログ ノンジャンル小説へ

    0

      まだわからないけれど。

       
      5月8日の診察で「自分の特性を掴む」を宿題に出されたわけなんですが。
      やっぱり、帰りの車の中で考えても出てくるのは苦手なことやできないことばかり……。
      折角mixiにもいるのでマイミクさんにいろいろ事情を書き連ねて訊いてみたのですが
      (家族やうさひろにも訊いた)
      自覚していることと同じことだったり、全然違ったことを言われたりでちょっと混乱しています。

      まず苦手なこと。
      ・注意力が続かない。
      →MIX巻きするときに今どっち巻いたかわからなくなって出来ないとか、
       定規で○.○cm測るのに目盛が数えられなくてすごく時間がかかるとか。
      ・臨機応変な対応が出来ない。
      →優先順位がうまく付けられない。わからなくなって全部放棄。怒られる怖い
      ・決まった行程がないと動けない。
      →指示待ち人間。勝手にやったら怒られる、と思うと指示されていないことは出来ない。
       (逆に言えば行程さえ理解できればなんとなくは出来る
      ・言われたことをマイナスの意味でとってしまう。
      →明らかに完全に褒められていても「おだてているのだろうか」「嫌味なのだろうか」と勘繰り辛くなってしまう。


      で、教えてもらった得意なこと、いいところ。特徴。
      ・一つのことをやりだすと休憩もろくにせずにずうっとやってる。
      ・途中で出来ないわからないと投げ出しても、自分から興味を持って始めたことには時間がかかっても戻ってきて再度取り組む。諦めない。
      ・画像の加工とか局地的にしかわからないのに気が済むまでずっとやってる。やってる途中で勝手に覚えていく。
      ・視覚的記憶が得意。高校時代英単語を覚えるのが得意だったのだけど、単語の長さと、bやjのように上下にはみ出している部分の凹凸とで見た目で覚えていた。後発音くらいかな
      ・ネイルチップのオーダーメイドをやってみては?と言われた(これには諸問題があり自分には今は出来ないと思っている

      こんなところです。
      先のエントリでコンビニのバイトを見つけて、応募しようと思っていたけれど、やはりうまくいくのかとか、自宅から一番近いところで唯一のコンビニでもあるので、すぐにもめて辞めたりしたら家族全員行きづらくなる、と母親に言われたりしてますます不安になって、考え込むうちに現実逃避するかのように眠り続けるようになってしまいました。
      時間帯は朝の6~9時、土日どちらか1日は含めての週2日からで負荷は少ないし、大体その時間にいつも起きていたのでこれはおいしいと思っていたのです。
      コンビニは系列が違うけれど経験はあるし、やってみる価値はあるんじゃないかと思っていたのですが、実際にうまくいかなかったら、とか、ストレス溜まって病状が悪化したらとか、そういうことを考えたら、まだ応募さえしていないのに怖くなってしまって。
      いつもこう。仕事決まって出勤してしまえば仕事なんとかやり過ごしてくるのに出勤前に出社恐怖が激しくて家を出られなくて休んでしまったり、遅刻したり。
      自傷がひどかったころは必ずピアス開けたり自傷したりODしてから行ったりしてました。何たる……よく仕事してたな
      ラリってないとやってられなかったので頓服多く飲んでた印象が強いです。

      まあでも、それをうさひろに起きられなくなっちゃった、やっぱりうまくいかないのだろうか、と話したら、シミュレーションしてみようよ、と言ってくれて。
      まず1週間、仕事に間に合う時間に起きて、出来ればそこから仕事終わる時間くらいまで頑張って起きてられるようにして、それがもし出来たら自信になるんじゃないかな?と、一生懸命考えて教えてくれました。
      出来るかなあ、不安だなあと思っていたけれど、今朝何事もなく無事にすっきり目が覚めて気分も良かったのでびっくりです。
      1.5~3時間単位で必ず一回目が覚めるので、1時半~2時に眠れたらいいみたい。
      取り敢えず1週間、ちゃんと起きていられたら、この際もう電話して面接受けてみます。
      出来るかな。出来るといいな。




      応援お願いします!
      にほんブログ村 その他日記ブログ 雑感へ
      にほんブログ村 恋愛ブログ 年下との恋愛へ
      にほんブログ村 小説ブログ ノンジャンル小説へ

      0

        定期診察

         
        メンタル注意ー

        定期診察が一カ月間隔で落ち着いてきました。
        各州から比べたら負担が減ってとてもいい感じです。

        でも調子は悪かったわけでして……。

        過去に数年交際していた相手と同棲とか結婚の話もしていて婚約していたのですが
        そのための同棲資金を集めるのにドクターストップ無視して働いてて
        それなのに相手が平日に会社休んで東京まで出張名目で浮気相手に会いに行っていたとかいうごたごたがあったころがちょうどこの頃なのです。
        それがあるまではこの季節は大したトラウマもなく穏やかに過ごせていたのですが、見事新しく傷を切り刻んでくれたおかげで去年は首吊って入院してましたてへぺろ☆彡

        まあそれは過去の話なのでもういいのですが、婚約破棄というよりも、自分が全幅の信頼を寄せていた相手に陰口を叩かれ裏切られた、という事実がわたしにとっては物凄いショックでして。
        去年もそれでうさひろを信じられなくて、酷い話ですが付き合い始めからまだ元カノさんに未練あるんじゃないのとか疑いしかないような状態でした。よく付き合ってたな
        現在はそれでもうさひろのことを少しは信じられるようになって、まあ慣れてきたという感じで、まだ去年よりはましだったものの、本気で吊ろうとか考えていたわけです。
        それ以外にもきつくて死にたくて、腕を縦に深く切るシミュレーションを頭の中でしてみたり、耐えきれなくてピアス開けて我慢したり、まあ全然我慢しきれてないのですが不機嫌でした。
        そういう不穏状態から、口に何かいれていないと不安で物添い豚食いして体重があばばばばです。
        このまま年を取って親も居なくなって一人でも不安だし、働くことさえできたら少しは彼の考えも変わるかもしれない、わたしも遣り甲斐を感じられるかもしれない、周りもどんどん身を固めていくし年齢的にも焦りと不安しかない、死にたい、という状態が続いているのです。
        さらに自分が何者かが分からない、何が好きで何が嫌いなのか、どういうものが落ち着くのか、どういった個性のあり方だったのか、全く行方不明のようになってしまったのも不安だ、と。

        というようなことを主治医に話してきました。

        個性というのは、わたしが例示したものが服装や容姿、嗜好などだったので、それは時期や年齢、気分によってさえ変わるから何とも言えないけれど、働くことに関しては、障害者枠で働けるように手帳とか取る?という話になりました。

        また手帳かよ……。何の手帳だよ……。(現在精神2級)

        わたしの病状が難しいところなのですが、情報処理の乱れが統合失調症のそれよりも発達障害の色合いの方が濃厚で、でも不安定になると幻聴とかもひどいのでどっちなのかどっちもなのか分からない、という状態で。
        働きたいというのは以前からしつこく言っていることなのですが、冬場に冬季鬱発現するので寝たきりになっていて、体重とかも落ちて健康とは言えない状態になっていたのでまだ無理、と言われていたものの。
        どんなことが苦手で、どんなことが得意か。そういった自分の特性をまず掴んで、それを踏まえて何ができるか出来ないか、何に向いていてどんなことに障害があって出来ないのかを分かってもらうという順序を踏んだ方がいい、と言われました。
        障枠とはいえ、就労について真面目に主治医と話せたのは、10年近く診てもらってきて初めてのような気がするので話が長引いて、40分くらい話してましたwww

        自分にできることとできないこと。
        得意なことと苦手なこと。
        考え方そのものがネガティブなので、どうしても先に思い浮かぶのが「出来ないもの、不得手なこと」ばかりで仕方ないので、こればかりは家族や身近な人たちに訊いてまわろうと思います。
        主治医曰く、「よくそんなことずっとやってられるね……」と呆れられるくらいのものがその人の才能やら適性やらだったりするそうです。うーんじゃあ寝てることかな?いや最近眠れてなくて今日薬増やされたじゃないか……。

        なんにせよ病状までグレーゾーンでわたしもうどうしたらいいのか\(^o^)/




        応援お願いします!
        にほんブログ村 その他日記ブログ 雑感へ
        にほんブログ村 恋愛ブログ 年下との恋愛へ
        にほんブログ村 小説ブログ ノンジャンル小説へ

        0

          通院と限界と不安と

          今日はうさひろとデートがてら病院に連れて行ってもらったのですが。
          朝起きてからここ最近ずっとの一時間くらいは何も出来ないのがひどくなって、朝起きてから寒い中2時間以上体育座りしたままあれしなきゃこれしなきゃなんで出来ないうわーんがひどくて
          うさひろがゲームして時間つぶしてお迎えきてくれて、行くはずだった買い物にもいけなくて申し訳なくてしょげています。
          友達と遊びに行くらしいので今夜は寝顔も見れないから寂しすぎる(´;ω;`)

          父親の病気のことでここ暫く悩んで、
          特に生活面や将来が不安すぎて上部消化器からの出血起こしてます。つら
          起き抜けの鬱や、些細なことでのフラッシュバックも頻繁で、言葉にも過敏になりすぎているみたいで何度大泣きしてうさひろの手を焼かせたか;;
          それでも、辛くて二度寝して寝過ごして、電話で謝ったら、悪いと思ってるならいいのよ、今向かってるからねって優しく対応してくれて、うちについた時に我慢ならなくてごめんねごめんねって泣いてしまった。涙腺よわい

          父は一応明日退院ですが、暫く通院も続くから送迎はないし、今日みたいに外出恐怖とか出るとひとりで通院どころではないし、調子悪いから診てもらいたいのだけど予約は来月に回しました。
          また薬が増えて、貧血でふらふらしてて、あーあーですが何とか乗り切るしかないですな……つらいよー

          それでも、嫌がらずに病院に連れて行ってくれて、眠いというわたしに肩を貸して寝かせてくれて、食事も一緒にしてくれて、本当にうさひろには助けられてます。いつもありがとうね。

          今日も疲れがひどいのでもう寝ます。
          眩暈が気持ち悪くて嫌です。
          今度書く記事はもっといいことや元気な報告にしたいですな。

          日曜の痛車イベントはわたしが今こんなんなのでなくなく諦めましたが、うさひろは会ってくれるみたいで良かったです。
          正直うさひろといる時が一番ホッとするし、素直に甘えたり甘えられたり出来るし、泣いたり笑ったりもできるし、安心して眠れる。




          応援お願いします!
          にほんブログ村 その他日記ブログ 雑感へ
          にほんブログ村 恋愛ブログ 年下との恋愛へ
          にほんブログ村 小説ブログ ノンジャンル小説へ

          0

            今になって

            わたしには趣味というものがない。
            正確には、興味のあることがあっても、人より少しでもその分野で抜きん出ていると第三者から認められないと興味さえ持ってはいけないと思っている。
            好きなこと、興味のあることはたくさんあるのに、最初から上手な人なんていないのに、少しでも恥をかくのが、劣等感に苛まれるのが心底耐えられないのだ。
            心底自分が可愛いだけなのだなと思う。

            そんなこんなで何もかも中途半端できたけれど、妙齢になったこともあって悪足掻きがしたくなった。
            文章を書くこと。
            写真を撮ること、撮られること。
            結局何かしらの表現がしたい、もっと云うとかまってちゃんより厄介なわかってちゃんで、自分をわかってほしいとそういう事なのだけど。
            まあ、どんなに高尚な事を云ったって、基本的にみんなそんなもんだと思っている。思うようになった。

            今やってみたいのは、写真や音楽と文章の複合の表現。
            友達のカスタムドールの写真を見てストーリーが思い浮かんだりして、写真と合わせて話を書きたいだとか、音楽を聞いてそのイメージに合わせた話を書きたいだとか(後者はやってるけど)そんなことを思うようになった。
            わたしの唯一出来ること、文章を書くことの根幹がリアリティであり、良くも悪くも生々しさがきっとわたしの書く文章の売り、と云うかそんな感じだとそれを褒められたのもあるので大切にしていることなのだ。
            もう20代崖っぷちだし、仕事も諸事情で今は出来ないのだし、やりたいことを今はやる時なのかなあと思う。

            やってみたい。出来るだろうかと思う前に、貶されないだろうかと心配する前にやってみたい。
            褒められて伸びるタイプだし少しでも貶されると激しくやる気をなくしたり凹んだりするけど、めげずにやってみたいなあ、と今は思える。

            他にも大掛かりなことはすぐに出来ないけれど、お裁縫や料理や写真もやってみたい。
            そんなに周りを気にしすぎなくなったのはやっぱり年なのかなあ……(笑)






            応援お願いします!
            にほんブログ村 その他日記ブログ 雑感へ
            にほんブログ村 恋愛ブログ 年下との恋愛へ
            にほんブログ村 小説ブログ ノンジャンル小説へ

            0
              calendar
                   12
              3456789
              10111213141516
              17181920212223
              24252627282930
              31      
              << December 2017 >>
              sponsored links
              Booklog
              Twitter
              AmazoWishList
              Rakuten Wiget
              THE INTERVIEWS
              selected entries
              categories
              archives
              recent comment
              recommend
              recommend
              links
              profile
              search this site.
              others
              mobile
              qrcode
              powered
              無料ブログ作成サービス JUGEM